(自称)落下王はいつも落ちてた追憶


<   2006年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧



肖像画







b0035649_21155873.jpg




 vizさんのところで進行されてる、MoEで100のお題。
 その中のネタの一つで私を描いてもらえました。(しかもFlashて)
 超びっくり。彼のblogを開いたらどことなーーーく自分に似てるキャラがあったもんで、「もしかして……」と思って本人を問い詰めたところ、カツ丼を三食たいらげた後に、つまようじでシーシーしながらお茶を片手に自供しますた。途中は捏造です。

 というわけで許可も取ったし、自画像のとことかアイコンのとこに使わせてもらいますぜ。(゚ε゚)
 絵を描いてもらえたのは初めてなので感動中。

 べ、別に感謝なんかしてないんだからね! ただ折角描いてもらったんだから、一応喜んでるそぶりをしてるだけなんだから!!
 ……でも、本当はすっごく嬉しいんだから。バカ……こんなこと言わせないでよ(///)





 こうですかわかりません。
[PR]
by zonru | 2006-01-31 21:21


やれやれ

 裏日記にも書いたけど風邪引いた。
 今まではほとんど引いたりしなかったのに、これで二年連続で引いたことに。しかも去年は肺炎も患ったことだし……免疫能力の低下をひしひしと感じる今日この頃、皆様はおいかがお過ごしでしょうか。

 久々に挨拶文書いた気がする。



 さてさて、ご存知の通り私は学生です。専門学校に通う1年生。
 まだ1年生だというのに、もう就活が始まり、これから益々本格化していくわけで、どんどんリアルが忙しくなってきてる。ちょっとMoEのinも控えちゃうくらいに忙しくなってきた。控えるといっても結局ほとんど効果無くてinしまくってるけどね。


 というわけで。
 ただでさえ滞ってる日記の更新と、HPの改装が。
 これからは益々遅くなります。(´Д`;)


 日記は多分、バイトの愚痴と就活で思ったことと、結局inしちゃうMoEのプレイ日記がメインになると思うので、何卒よろしく。何がよろしくなのかわかんないけどよろしく。(・∀・)
[PR]
by zonru | 2006-01-27 21:04


暫定公開





b0035649_22292085.jpg


 LoC、前回の撮影ではちょっとしたミスがあったため、
 暫定版のままだけど公開します。


 ダウンロードはこちらをクリック。





 あと他のGK達の壁紙について。
 ちょっとした不具合(ぉ)が見つかったので、正式公開するときに修正しますんで。気付いてる人は気付いてるだろうなぁ……ちゃんと直します、はい。
 再切抜きだけど……まぁ仕方ないか。今度はもっと丁寧に、かつ慎重にやろっと。
[PR]
by zonru | 2006-01-25 22:33 | 壁紙


凍え死ぬ

 千葉でこんな大雪とかありえん。
 2週間ほど前の雪のときも思ったけど、いくら大寒波だからって雪降り過ぎ。しかもただ降るだけじゃなくて積もるとか、もう何年ぶりだろ。
 でも一番の問題は、前回も今回も学校が無いときに降ったことだ。タイミングが微妙にズレてるよ神様。(ついでにズラもな)


 まだ雪降ってるから、バイト先での雪かきは明日の夜かな……何時に終わるんだろ。('A`)

こっから先はMoE
[PR]
by zonru | 2006-01-21 22:48


ボケーっとしていると

 学校でもよく授業中に眠ったりする私だが、もうまもなく就職活動だってのにこのままでいいのだろうか。
 そう自問自答しても、結局は何も変わらずにだらけている辺り、将来は立派な駄目人間になるんだろうなぁと自負してる。まさにお先真っ暗。


 久々に小説に関しての話題なんだけども。
 最近、どうもボケーっとしてると色んなことが頭に浮かんできて仕方ない。例えば特にやることもない授業中(突っ込み不可)、ふと、頭の中に突如として新しい物語が浮かんでくることがある。そこから妄想を広げていき、形に纏まれば即座にノートなりにメモして、一つのネタとして控えている。
 これは昔からよくあったことだし、小説書きや漫画書きの人とかならば日常茶飯事だろう。今更驚くほどでもなんでもないし、困ることもない。
 何故困っているのか、というと、最近はどうもその頻度が激しいからなのだ。
 例えば一つ浮かんだストーリーのネタを構成しているとき、どこからともなく、まるで突如湧き出した噴水のようにして別の物語が浮かんでくる。そうすると最初に構成していた物語と混ざってしまい、グチャグチャしてきて構成しにくくなる。結局はそのネタを没にするんだけど、これだけならまだしも、既存のネタを整理しているときにも似たようなことになるからややこしい。
 この間、Armeriaのプロットに修正を加えようと思ってメモ帳を開きながら云々唸っていたところ、やはり上記のように別の話が出てきてしまって、Armeriaの話と混ざってしまい、一瞬にして作る気が失せてしまったことがあった。その日から今日に至るまで、ずっとプロットすらも放置しているのだけど、早く書きたいと思っていただけにこれは痛い。

 想像力があふれ出てる、っていうわけじゃないんだろうけど、何なんだろう。
 色んなことが浮かんできてしまい、それらを整理しきれなくなっている私がいる。んー、困った困った……自制力が低下してるのだろうか。うーむ。












 以上、未だにArmeriaの本文を書き出していない言い訳コーナーでした。('A`)
[PR]
by zonru | 2006-01-16 23:23


先週のカオス



 はいはいようやくカオスについてですヨ。

続きを読む
[PR]
by zonru | 2006-01-13 00:22 | 写真集


兄貴考察

 ちょっと思うところがあったので、自分で調べたことをまとめてみる。


 まず、オリアクスについて。
 オリアクスは12日間戦争の生き残りで、孤児である。12日戦争に何らかの形で巻き込まれ、家族と、そして住む場所を失ったのか。あるいは元々孤児院か何かで生活していたところを12日間戦争に巻き込まれ、孤児院を失ったのか。その辺りは定かではない。
 ただ、そうやって独り身となったところを、イーゴ様に引き取られたようである。イーゴ様は孤児を引き取ってはマブ教の信者となるように教育を施していたようで、オリアクスもその一人。イーゴ様に命を助けられたことから、絶対なる忠誠を”誓っていた”のと、実力があったことから、マブ教のギルド「暗使」のマスターとなる。
 後は大体知っての通り。アルケィナと対立しながらもバレンタインイベントでルーチェと意気投合したりして親睦(?)を深めつつも、ユンの一件でサザンゲートキーパーの器となった。


 サザンゲートキーパーについて。
 カオスエイジに存在する神獣の一匹で、元々は魂だけの存在であった。(これは全GKにも共通することなのかどうかは不明)
 本来は、カオス生物であるユンの体を器とすることで、神獣として完成するはずであったが、オリアクスを器としたために不完全である。恐らく第一形態だけでなく、本体のほうも完全ではないと思われる。
 オリアクスの意識がまだ残っており、混ざっていると言える。神獣として血に餓えており、イーゴ様の信者として邪魔者を排除しようとしているオリアクスの気持ちと共通する部分だけが前面に出てきている模様。(コ・ロ・スなどの台詞から。イーゴ様ノ御許ニ、などから、まだ少しでもオリアクスの意識が残っていることが伺える)
 本来の状態ならば、分身はもっと作り出せるようである。(イーゴ様の台詞より)
 =完全であったとしても、第一形態は人間に近い形状だったのだろうか?


 オリアクスその後について。
 ユンがカオス生物としての力を使って、オリアクスの意識を時の石に封じ込めている。
 最初、これは「コピー」だと思っていたのだが(イベント時の台詞でそんなことを言ってたような気がした)、時の石の効果や公式イベントのレポを読む限りでは、コピーではなく移動くさい。その辺は家に帰ってから調べる。
 ここは一つ、「移動」だったと仮定したまま話を進める。
 オリアクスそっくりのホムンクルスに(色々あって)オリアクスの意識は封入され、結果としてオリアクスは復活を遂げる。話を聞く限りではちゃんと記憶も戻っているようで、特に問題は無さそうに思える。
 その後、イーゴ様に逆らったから、とすぐにはマブに戻らないオリアクスではあったが、最後にはイーゴ様に造反して、プレイヤーサイドに付く。「神龍の封印」イベントで語られた、一つ可能性の未来では、最後はイーゴ様が作り出した偽オリアクスとともに宇宙へと飛び立ち、自爆という最後を迎える。





 さて。
 ここでは、オリアクスの意識は「移動だった」と仮定して話を進めたが、私的に腑に落ちない部分があるので、そこも考えてみる。

 まず、偽オリアクスはどうやって作ったのか。
 偽オリアクスの様子を見る限り、体は間違いなくオリアクスに似せただけのホムンクルスなのだろう。だが果たして、その意識はどうなのだろうか。
 無論、偽とつくくらいだから偽者なのだろう、けれどオリアクスの記憶は一体どこから持ってきたのか?
 考えられる可能性は、SGKから持ってきたということ。けれどもし、最初にユンがオリアクスの意識を時の石に「移動」したのなら、SGKにはもうその意識は残っていないはずである。なのにSGKはまだオリアクスの意思が混ざってるっぽいし、イーゴ様だってそっから持ってきているという矛盾が発生する。
 移動はしたが体が残っているので、まだSGKにも兄貴の意識やらが残っているのだろうか? 少なくともSGKの台詞を見る限りでは記憶は残ってるっぽいので、それならば偽オリアクスも作れるだろう。でも、それは「移動」じゃなくて「コピー」なんじゃないのか、と思う次第。
 「移動」ならば元の体には何も残らないはず。何かが残るならそれは、「移動」というよりも「コピー」という言葉のほうがしっくり来る気がするのは私だけだろうか。

 移動が不完全だった、という線もある。
 それならばコピーでもないし移動であった、と言えなくもない。けれどそれならば、時の石に移った兄貴の意識自体も不完全となるはずである。ところがホムンクルスと化した兄貴には、不完全な兆候は一切見られない。ならばこれも違う。

 では、一体どうやって作ったのだろうか。それが謎である。

 そこで、今度は「コピー」だったのなら、で考える。
 するとどうか、ホムンクルスな兄貴が不完全じゃないのも不思議ではないし(限りなく本物に近いクローン、ということになるから)、SGKに兄貴の意識や記憶が残っていても不思議じゃない。偽オリアクスだって同じ手順で作成可能だろう。特にこれといって不都合が見つからない。
 ――ならばあれは、コピーだったのではないか、と私は思うわけである。




 ここでさらにもう一つの疑問も発生する。
 あれがコピーであったにしろ移動であったにしろ、結局のところ、

「本物の兄貴は、一体どいつなのだ?」


 上で述べたとおり何が真実なのかわからない以上、これは言及しにくいのだが、出来る限りで書いてみる。
 まず、オリアクスの意識が「移動」だったとした場合。
 上で述べたとおり、矛盾が発生しているのだが全てご都合主義で脳内変換すれば、こうなる。

体   → サザンゲートキーパー
意識 → ホムンクルスなオリアクス

 偽オリアクスは劣化クローンであると言える。
 多分、大方の人がこう考えているであろう。このパターンだと本物の兄貴は、事実上既に存在しないこととなり、限りなく本物に近いオリアクスが存在するだけ、となる。



 では「コピー」だったならどうか。
 時の石に入ったのはオリアクスのコピー、つまり本物ではない。
 偽オリアクスはもう論外。
 ならば答えは一つである。ユンを助けにカオスエイジへと向かい、火の門で己を犠牲にして誕生した、現状ではプレイヤーの敵である……


サザン ゲートキーパー  →  意識も体も本物


 となる。ホムンクルスなオリアクスは、限りなく本物に近い「コピー」なのだ。
 つまり兄貴はあの時からずっと、カオスエイジで己の意思とは反するサザンゲートキーパーの思惑によって、プレイヤーを血祭りにあげているのである。



 私はコピーだったんだ派なのであるが、なんか書き終えてからもう、すごく突っ込みどころがたくさんある気がして仕方ないわけですがどうしようか……。
 まぁいいや、いつもの戯言ということで、軽く流して。(゚3゚)


 ついでに今現在授業中だということもスルーして!
[PR]
by zonru | 2006-01-11 15:04


なんてーか

 明日から学校だったり、
 リアルでバイトがクソ忙しかったり、
 伯父さんに絡まれ説教されたのがちょっと響いてたり、
 MoEが忙しかったり、

 そんなわけで結局更新ダレてるけど、元気です俊平。ネタ古いね。ってーかドラマ見てないけどね。(゚ε゚)

 一昨日のカオスではもう色々ありすぎてそのことでも書こうかなと思ってたんだけど、上記理由から延期。次のバイトの休みのときに書きます。多分。




 それと、遅くなったけど見本だけ用意した。



b0035649_029916.jpg




 人生き残りすぎのときにしか撮影チャンスなかったせいで、画質荒いけど一応作った。
 次に天の門に飛べたらもっといい画像で作るので、公開はそれまで待って。
[PR]
by zonru | 2006-01-10 00:29


何やってんだか


 ↓の擬似SSのあとがき、の、つもり…。

続きを読む
[PR]
by zonru | 2006-01-05 12:04


GoodBye Ragnarok


b0035649_234595.jpg


 先週、残り一枚だけとなった1dayチケットを使って最後の課金を行ってきた。
 これは小説スレでたまに行われる座談会に参加するとき用、と思って取っておいた1枚だったのだけど、いつもそうやって買っておいたチケットでキャラの生き伸ばしばかり行ってたから、もういい加減ケジメをつけないとな、と思って。今回の課金で、全部をやっておこうと思った。座談会のときはまた買ってくればいいだけのことだしな。



b0035649_23473097.jpg


 ログインして驚いたのが、かつて世話になった人達がまだ、いつものたまり場に残っていたことだ。といっても彼らは、前に会ったときもROからまだ離れる気配が無かったから不思議じゃないんだけど、ずっとMoEに居ついていた私にとっては、なんかこう、軽くショックみたいなものを感じた。きっと私がMoEに居ついてるのと同じ理由で、彼らもまたここにいつもいるのだろう。
 しばし雑談をしてから、最後の仕事に取り掛かる。



b0035649_2349328.jpg


 途中を省略するけど、思い出の場所めぐりを軽くすませ、一番想いの深いゲフェンへと帰ってみた。徒歩で。そこで一度だけゲフェニアへ入ってみてから速攻で死んで、復活ポイントで装備ばら撒き。大したもんじゃないけど誰かの財布をちょっとでも潤せたなら幸せだ。
 近くにいた人がその様子を見て、
「落とすと拾われちゃいますよ」
 と親切に教えてくれたけれど、いいんですこれで、とだけ答えて、さよならと一方的に告げて逃げた。



b0035649_23520100.jpg


 そして初めてやわ毛売りチャットを立てて人と会話した場所へと移動した。昔とBGMが違うけれど、ここが私にとってのMMOの原点となった場所だ。消えるにはふさわしい場所だろう。




b0035649_2353748.jpg


なんか微妙に続くらしい
[PR]
by zonru | 2006-01-05 00:54

    
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
MoEサイトLinkとか
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧