(自称)落下王はいつも落ちてた追憶


<   2005年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧



ゲームバトン

 一昨日の更新で「明日(今日から見て昨日)にゲームバトンのを書く」とかほざきながらも、あっさりとサボッたゾンルですコンバンハ。
 いやね、BSQ軍とね、一生懸命戦ってたらね、気がついたら12時越えてたのよ……。正直すまんかった。んだどもオラ後悔してねーさ、ニュービーからガードに昇格出来たし。……何日持つかなぁ、ガード。以前はほんの十数分だったからなぁ。(´Д`;)


 さて、今現在もバックではワラゲヌブールにキャラを待機させたまんまなんで、さっさと復帰するためにちゃっちゃかちゃーと答えますかね。ゲームバトン。





 ゲームバトン ここから

★手持ちのゲームソフトの本数を述べよ

 うへぁ、いきなりキツイの来たなオイ。Σ('A`)
 押入れの奥に封じ込められたもの(母がね)や、間違って捨てられたソフトなどが多数あるため正確な数字は……。PCゲーのほうに到ってはエイジオブエンパイアくらいしかねぇし。多分全部で……えーと20? 30? それくらいだと思う。





★現在進行中のゲームを述べよ

 Master of Epic。お勧めヨン。
 グランツリースモ4。私ではなくほとんどの親父がやってるけど。3のときは自分も熱中してたんだけどなぁ。
 ワイルドアームズ アルターコードF。開始後二時間ほどで止まってます。(ノ∀`)





★今まで購入したゲーム機を思いつく範囲で述べよ

 ファミコン、スーパーファミコン、プレイステーション、プレイステーション2
 ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンス

 ……うわ、少ねぇ。





★よくやるもしくは著しく印象に残ったゲームを5本述べよ

・Monster Farm2
 今までやってきたゲームの中で、一番極めたゲームだと思う。2は普通に面白かった。カードゲームも中々良かった。だがそれ以降は正直だめぽ。

・FF6
 はじめて極めを目指したゲーム。目指したと言うより、気がついたら極めようとしてたというか……。ケフカ倒した後も戦闘し続け、気がついたら全キャラレベルMAXに。

・バハムートラグーン
 ドラゴン! 育成! 空に浮かぶ大陸! 神竜!
 くっはーたまらん。(´Д`*) ゲームバランスは、Varitraさんは悪いと言ってるけど私は特に何も感じてなかったり。うんまぁ小学生のときだったから、あんまりバランスとか考えてプレイしてなかったしねぇ……面白ければどーでもいーやって感じで。
 悪女の件に関しては、そっちよりもフレデリカ派だったので痛くはなかった。けれどショックはあった。

・クロノトリガー
 私的にはSFCでの最高傑作じゃないかなぁと思う。世界観とか好きだったし。話も好きだ。カエルは最初引いたけどすぐ馴れた、というか惚れた。
 時々猛烈にこれがやりたくなるときがある。ちなみにラヴォス萌え。(ぁ

・Ragnarok Online
 良くも悪くも、私にとって一番強い影響を与えたゲームだと思う。
 今ではMoEに完全移行しているものの、もし管理会社が癌砲じゃなければ(例え開発がグラビティーでも)、未だに続けていたんじゃないかと思う。


★バトンを渡す5人。

 それより早くWarAgeに帰らせて! そろそろピークの時間帯だから、熱い戦いが待ってるカラ!(ぁ



 バトン ここまで
[PR]
by zonru | 2005-06-30 22:30


旧友との再会

 昨日、地元(※隣の市の、車で20分)の駅に降り、バイトの時間まで多少余裕があった私。さてなにしてようかなぁとフラフラ徘徊していると、なんか視線を感じた。そっちを見てみたら見覚えのある男が私を見ていて……。
「……あれ、O? もしかしてOか?」
「そういうそっちはゾンル?」
 中学校以来の旧友と、およそ三年ぶりに再会。流石に三年も経つと人というのは色々と変わるもので、Oもその例に漏れずまるでべつz――失礼。ほとんど以前のままだった。(駄
 それからバイトの時間までのおよそ十数分、今どうしてるのかとかそういったありきたりな話をするなか、私はふと、何か違和感を感じた。それが何なのかわからないままにOとは別れたのだが、今になって思う。
 そのとき感じた違和感は、きっとOから感じたのではなくて、私自身から感じたものなんだ、と。

 前述したとおり、Oのほうは中学校で別れてからほとんど一緒のままだった。外見も、中身も。話方も話の方向性も、面白いほどに以前のままで、それはある種なつかしさにも似た感情を覚えるほどだった。
 けれど、何か違う。何が違うのだろうと思って――それは私が以前とは違うのだ、ということに気付いた。

 このサイトを超初期から見てくださってる極僅かな方々や、ROの元ほえほえ隊メンバーならば知っていることだが、三年前の私と言うと超がつくほどのイタイ厨房だった。性格までもがイタイというわけではない(と信じたい)のだが、話方というか行動というか……なんかイタイ方向に突っ走ることが多かった。その証拠として、昔のSSにはw厨だった決定的証拠がいくつも残っていた。
 いつ、どこで、どうやって、私は自分がイタイ奴なんだと自覚して直しはじめたのか。それはもう既に覚えていないし、まだイタイ部分は大いに残ってはいるものの、大分改善されているとは自分でも思う。けれどそのとき同時に、私は「昔の自分」を大きく削ってしまったのだと思う。「昔の自分」は言っちゃえばイタイ部分があったからこそ形成されていた箇所もいくつもあるわけで、イタイところを消そうとすれば、自然と「昔の自分」も消えていくわけだ。

 Oがあまりにも昔のまますぎて。
 私は昔とは変わってしまって。
 Oと話すときに、無意識のうちに昔の自分を演じようとしていた自分に気付いて。自分が変わってしまうこと、自分を変えてしまうことが、例えそれが欠点の箇所であろうとも、果たして本当に良いことなのかどうか。なんだかわからなくなってしまった。







 さて。
 さっき気付いたのだけど、タヌタヌの代名詞な人こと叶さんからゲームバトンが渡されてた。
 折角なので明日の更新で使わせてもらいます。
 最初は、バトンをあえて無視して夢枕に立ってもらおうとも思ったのだけど。
[PR]
by zonru | 2005-06-28 22:46


IcF! IcF!!

 なんだかyuaさんが物凄いブツを作ってるっぽいですヨ!
 奥さん大変ですヨ!
 詳しいことはyuaさんのとこで確認してくだされ。まだ作成途中とのことですが、見た感想としてはうっはー夢が広がリングwwwwwwww


 そうやってyuaさんが頑張ってくれているころ。




 私は、









b0035649_23362484.jpg



 拝火教たちと戯れてたり。(この後廻されて殺された)








b0035649_23375100.jpg



 ワラゲでエルガディン軍の一員として散ってたりと。(この十数分後の交戦で即死)






 なんだかIcFますたーらしいことをサッパリやってない始末。
 だが、それがゾンルクォリティ。 なんでもかんでもクォリティつければ許されると思ってんじゃねーよクソが!


 とりあえずyuaさんのFlashが完成する日を今か今かと心待ちにさせてもらいますよーっと。(*´Д`)頑張れyuaさん負けるな(?)yuaさん!



 そうそう、P鯖ビスクの人は、上の画像のコグニ♀見かけたら殺さないであげてください。買ったばかりのプレートを何度も剥ぎ取られてちと凹んでたりするので。(何
 はやくニューター卒業したいなぁ。(スキル完成してないから戦いきついんだけどねぇ)
[PR]
by zonru | 2005-06-27 23:41


ドロドロのグチョグチョ

 相変わらず溶けてますゾンルです。
 熱すぎです。
 ホント。
 グチョグチョい溶けてます。
 ウソ。
 バイトで死に掛けました。
 ウソとはいえない。
 熱くてやる気でません。
 ホント。
 ので更新は手抜きです。
 ホント。
 んだどもMoEはやるです。
 ホント。




 ;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン
[PR]
by zonru | 2005-06-26 23:35


奥さん事件ですヨ!


・新種の生命体か? それともテロ組織の生物兵器か? 謎の液状物現る

 本日午後2時過ぎ、千葉駅構内にて、線路の上に広がる謎の物体が確認されました。
 警察の調べによりますと、本日の午後2時ごろ、駅構内に立っていた駅員が、電車が入ってくる前に危険物は落ちてないかどうかの確認をするために線路の上を見回りしていたところ、ホームの隅付近にあたる線路の上に、何か液体のようなものがぶちまかれ、線路に塗れた染みが出来ていることに気付いた。駅員はそれの正体を知ろうと近づいたところ、突如、透明なゲル状の物体がその染みの上から現れ、奇怪な動きをした後逃走したとのこと。駅員に怪我は無かった。
 当局の取材に対し、駅員はこう語る。
「最初はぬれてるだけだと思った。近づいてみたら、その上に覆いかぶさるように、厚さ数センチの完全透明なアメーバみたいなものが覆いかぶさっていた。それはまるで生命のように動き出したかと思うと、あっという間に逃げ出してしまった。熱さにやられて夢を見たのかとも思った」

 現在、その謎のゲル状生物の行方はわかっておらず、警察は付近の住民に対し非難警告を発令し、およそ駅周囲で働く人を含めた数千人が非難している。警察は全力をもって生命体を探し出そうと、今も奮闘している。

 尚、駅構内にておよそ男のものと思われる衣類や鞄などが見つかっていることが、先程明らかにされた。荷物の中に入っていた学生証によると、荷物の持ち主は県内の専門学校に通うゾンルさん(18歳)。警察が家に電話をかけてみたところ、昼ごろから連絡がつかなくなり、まだ家に帰っていないという。警察は当事件に何らかの形で巻き込まれたものとして、現在ゾンルさんの調査も同時に行っている。

 駅構内での目撃情報によると、謎のゲル状生物が見つかる数十分前に、ゾンルさんが疲れきった顔で「熱い、溶けてしまいそうだ」とぼやいている姿が何人にもよって目撃されている。
[PR]
by zonru | 2005-06-25 21:25


黒い奴


 今日は「いま、会いにゆきます」のDVD及びビデオ発売日でしたね。
 それ見てたら見事に日付変わってたよ。コンバンハ、ゾンルです。

 この作品は前々から見てみたい作品だったので(原作は持ってるけど)、帰りに早速レンタルして見てました。一人で部屋にこもって、ヘッドフォンつけて、音大きめにして、部屋を真っ暗にして。親と姉にはもちろん、途中で用事があっても入ってこないように行っておきましたとも。DVD見るときゃいつもこのスタイル。



(ネタバレ避けのため若干伏せてあるとこもあります)



 話も終盤に差し掛かり、原作で一番泣きそうになったシーンで泣いてしまい、さぁ後はタネ明かしだけだというとき。あとはもう、あの一言を言って、話の終わりを迎えるという瞬間。落ちがわかっていても大分話にのめりこんでいた私は、モニターの前で軽く身構えておりました。

















姉:(ドアを勢いよくあけて)ゴキブリ出たから来て!!








 ちょwwまwwwwww待てwwwwwwww
 なんでwwwwこのタイミングでwwww表れwwwwるのwwwwwwwwwwうはwwwwwwおkwwwww





 ……台無しだよ。_| ̄|○



 DVDのほうですが。
 私は原作よりもこっちのほうが好きかもしらん。原作との違いやその他、いくつか気になったところもあったものの、比較的原作に忠実でえがったです。あの爺さん出てこなかったのは意外だったけど、でも上手く纏まってるからOKってことで。EDの「花」は、作品にもイメージがあってて良かったんじゃないかなぁと。後はパクリじゃなければ良かったんだけどねぇ、この歌。
[PR]
by zonru | 2005-06-25 00:20


(゚Д゚)<コントロール

 最近、なんだか感情の起伏が激しい気がする。さっきまでワヒョーイとか叫びかねない勢いで騒いでいたかと思えば、十秒としないうちに「鬱だ死のう」レベルまで一気に落ち込むことがある。それはバイト中しかり授業中しかりMoE中しかり、いつでもどこでもやってくるから、困ったものだ。
 原因は不明。コントロールも不能。何でだか知らないけど、ここ一週間の間で、私は情緒不安定な人間になってしまったようだ。

 感情の起伏が現れて一番困るのが、小説を書いているときだ。小説書くとき、やる気がないとろくに書けない私は、逆にやる気が出ると他のことにわき目も振らずに書くことに専念する。それは詰まるか、もしくは切りのいいところに至るまでずっと続く。SSや小説を書くときの私は例外なくハイテンションである。じゃなきゃそこまで続けるほどの気力が維持できないのだ。
 けれど、その途中でテンションが下がってしまったら。そうなってしまうと、途端に筆を投げ出してしまう。投げ出してしまうというか、もうどうやっても書けなくなってしまうので、投げるしかないというほうが正確か。一度投げてしまったら、またテンションが上がってくるまで、続きを書き始めるということはまず無い。

 情緒不安定になる前から、書いてる途中でテンションが下がることはよくあった。けれど今回それ以上に困る理由というのは、それが突発的にやってくるからだ。以前までなら「あ、なんかテンション下がってきたなぁ」と自分でなんとなく予想が出来たので、下がりきる前に切りのいいところで止めておくか、その時点で思いついていた展開をささっとメモっておくことが出来るくらいの余裕があった。けれど、突発的に、それも極度に変わられてしまってはそうもいかない。その結果、最近では書いているといつも中途半端なところで書くのを止める羽目になってしまう。
 続きを書き出すときもまた一苦労だ。ようやくあがったテンションを携え、さぁいくぞと意気込むまではよいのだが、いざ書こうとしても区切れが中途半端なため中々書きはじめることが出来ず、そこで無駄に時間を使ってしまう。

 そんな状態が続くせいか、この一週間で書いた量は結構少ない。こんなんではいつになっても、リハビリのSSもMoEのSSも、Armeriaも終わりが見えてこないではないか。内心ちょっと焦りつつある。けれど過去の失敗を繰り返さないためにも、焦って書かないようにと自分でブレーキをかけなくてはいけない。そんな悪循環。

 そうして過ごすうちに思うことは。これは小説に限ったことではないけれど、何をやるにしても一番大事なことは、技術ではなく、己の心をコントロールすることなんだろうなぁと。そんな、当たり前とも思える答えを、私はようやくその身に感じ始めている。

 それは成長か。あるいは衰退か。
 どちらにしろ、それが私にとっての新たな課題となったということだけは、どうにか判っているつもりである。
[PR]
by zonru | 2005-06-23 22:05


ミュージックバトル(違

 裏日記のほうでyuaさんから、今流行っているらしい「ミュージックバトン」というものを受け取った。巷ではやれ不幸の手紙の亜種だのと色々言われてるけど、楽しんだもの勝ちってことで、私も答えてみますかねぇ。

(本音:ワヒョーイ日記のネタに丁度いいじゃねーかこれyuaさんマジ感謝でっせー!)








 というわけで……。
 答えてみましたヨっと。↓


□ 今パソコンに入っている音楽ファイルの総量 □

・ぇーと……4GB、くらい?(多すぎ
 いや、ものによってはwavで取り込んでる曲もあるのよ。うん。



□ 最後に買ったCD □

・dandelion  by KOKIA



□ 今聴いている曲 □

・前後1曲ずつも含めて3曲に(ぇ

  安心の中  by KOKIA
  桜色舞う頃 by 中島美嘉
  めぐり逢い by チャゲ&飛鳥


 桜色舞う頃だけ浮いてるなぁ……。ちなみにこの曲、私が好きなアーティスト以外で聴く歌の中では最新の歌。その一個前となると、青いベンチかなぁ。……古いっていうな。大体さ、最近の世の中は少しおかしいって。なんで半年前の曲がもう古い扱いされてるのか(以下愚痴のため略)



□ よく聞く、または特別な思い入れのある5曲 □

・ありがとう…       by KOKIA
・舞イ散ル蝶       by Amor Kana
・星の指輪        by 浜田省吾
・Song of MANA   by Annika
・サヨナラ         by GAO

 他にも数曲あって、この項目でおよそ20分も迷ってた私。選んだ結果がこれ。
 「ありがとう」は印象に残ってる人も多いんじゃないかなぁと。良くも悪くも、KOKIAの中で一番有名な曲だし(ネットにおいて、の意)。最初聞いたときよりも、友達とペットとの二人が立て続けに逝ってしまったときに、ずっと聴くのを避けてた曲。

 「舞イ散ル蝶」は当サイトリンク(blogじゃなくてサイトのほうのリンク)から行ける音楽素材サイト、Amor Kanaさまより。この曲の幻想的なとこ、結構気に入ってますンフフー。

 「星の指輪」……誰だ若者が聞くには早い歌だとか思った奴は。良い歌は良いんだよ、何か文句あるかチクショー! 歌詞は結婚してる世のお父様お母様方のほうがときめく内容でしょう。んだどもオラも好きだ。

 「Song of MANA」 聖剣伝説LoMの主題歌。OPで聴いたときにズガーンと衝撃を受けて、EDでの静かなイントロから入るこれを聴いた瞬間に、もう虜に。曲としてはここまではまったのは、KOKIAを含めてもこれだけかもしれない。

 「サヨナラ」 いやね、別に判れがあったときに聞いたってわけじゃないのよ。そもそもGAOは昔から好きな歌手で、この歌は何だか子供の頃……それこそ小学生低学年の頃からやたらと気に入っていたらしい。だから好きになった経緯はよく覚えてない。

 次点「花」(KOKIA) 私がアルメリアという花を知るキッカケになった曲。といってもアルメリアという花、和名は「はまかんざし」と言うのだけど、そっちの名前は知ってて、海岸でもよく見つけてた地味に気に入っていた花だったりして。で、この歌を聴いて、アルメリアって綺麗な響きの言葉だなぁと思い調べてみたら……いかん花の話になってる。
 曲の神秘的な雰囲気、歌詞、歌声、メロディーどれも好き。



□ バトンを渡す相手5人の名前 □

wildwindさん
kirisaki姉さん(ぁ
アツシさん
夜月さん
TRISTANさん

 もちろん強制ではないので。ってーか気付いてくれるかな……。('A`)
 あと、渡す先を選ぶときに気付いたんだけど、Varitraさんや叶さん、桂さん、RAITOさんなど横のつながりの少ない私にとって重要な人物達が既にバトンを受け取っていたので、被らないようにとやっていたら決めるのに十数分かかってしまった……。('A`)
 それと桂さん。私信ですが、既にyuaさんからバトン受け取っちゃってたんで……渡そうとして見に行ったときに気付いたです。この場を借りてありがとうです。



・答え終わった感想

 なんだか思ったよりもKOKIA率が低くて、我が事ながらちょっと不満。
 ちなみに最近聴いてはまりはじめてるpillowsは、まだ好きになって日が浅いということもあってあえて除外してみてたり。最低でも1ヶ月は聴かないと、最終的な好き・嫌いの判断を下さぬという個人的意地ですハイ。
[PR]
by zonru | 2005-06-22 23:33


城と一体化してしまったアホ猿ことイーゴさまVSルーチェ・オリアクスファン

 イベントについて感想@簡易。
 あんまり考えてないで書いてます。きっと穴とかあるさ、だがそれがゾンルクォリティなので諦めて欲しい。


・1日目について

 これはまぁまぁだったんじゃないかな。いつもの戦闘だけのイベントと違い、生産無くして成り立たないクエストだったし。材料が何だかアレなものばかりなのは目を瞑れる。けれどサモンウォーターを目の前で堂々とやられてるレランが哀れだった。
 ただ、ちょっと長すぎたかなぁと。20:00からはじまって終わったのが23:40ごろ。その間ずーっとこれだもんなぁ。
 ちなみに私は素材収集にも生産活動にも参加せず、ひたすらボケーッと座ってた。ウザス。



・2日目について

 イーゴさまの反撃その1。
 昨日とは打って変わって、完全戦闘者向けのイベント。ってーか戦闘そのもの。カオスゲートから流れ込んでくる闇の使いをクイトメローってか。うーん……ま、そこそこ楽しかったけどさ。でもこれ、1日目のと短縮して1日目に一緒にやっちゃったほうが良かったんじゃね?
 1日目と同じく23:30ごろまでずっとこれ。途中で流石に飽きてくる……。
 あと、最後のイーゴさまの「力を使いすぎたか…… クックック、楽しみは後に取っておくことにしよう」って台詞はイタダケナイ。お前それ典型的な負けキャラの台詞じゃねぇか……仮にもラスボス(と思われる)キャラがそんな台詞言うでない。(つД`)

 ところでオリアクスの出番まだー?



・3日目について

 ぶっちゃけ2日目の難易度をちょっと上げただけ。イーゴさまの反撃その2。
 昨日とは違いデッカイサイズのモンスターがわらわらと沸いてくるものの、基本的な流れは一緒。('A`)
 で、これまた23時過ぎにイーゴさまが「だが、我が力、この程度とは思わぬことだ…クックック…」と負け犬の台詞はいて去ってった。……ぁーもうイーゴさまの株価急下落だよ。
 で、オリアクスまだー?とか思ってたらルーチェ復活後、普通に記憶(時だっけ?)の石使ってオリアクス復活。えーちょっと待てよ、なんだこれアッサリしすぎだろ……。復活後、ユンのことでちょっと話し合ってたみたいだけど、そんなちょっとだけシリアスシーン入れられてもなぁ……。

 個人的には。オリアクスはこのまま復活できず、バハに乗り込んだルーチェもイーゴに殺られ、石も奪われるとかいう絶望的パターンのほうがよかったんだよなぁ。オリアクスやルーチェファンが怒るけど。
 なんだか今回のイベントは、とりあえずオリアクスとルーチェ出してユーザー集めようぜ、みたいな。そんな魂胆が見え隠れしてたような。




・最後

イーゴ:これが石のカケラか……。これがあれば、石を復元できる……これさえあれば。



 イーゴさま……。(つД`)





・最終判断

 ぎりぎり失敗(ぁ
 そんなイベントだと思いました。うー、こうなったら次回のイベントに期待……ゲートキーパー実装時に何か欲しいなぁとか思うのはユンイベントで夢を見すぎたからだろうか。悲劇じゃなくていいから、なんかストーリーは欲しいかも。

 蛇足。ユンイベント、評価は高いけど最初はダラダラだったりで完全成功とは言えないと思う。でも終わり方は予想通りとはいえ、確かに面白いと思わせるものがあった。あれか、「終わりよければ全てよし」か……。
[PR]
by zonru | 2005-06-21 21:29


「いっぱい」の い を お に変えて言ってみな!

 すっかりサボリ癖が戻り始めてるゾンルですよコンバンハ。
 おかげさまでhit数がね、もうグーンと! グーンと下がってるわけで。


( ゚∀゚)つ[ 自業自得 ]







 KOKIAライブレポのほうで書こうかなぁと思っていたことが一つあったのだけど、日記ネタがないから使っちゃいます。
 あれはそう、ライブの帰りの電車内のことだった……。ライブ開始が19:00で終わったのが確か21:30ごろ。開始前にも迷った私は当然のことながら帰りでも迷う。原宿とかいってもう方向さっぱりわかんねぇでやんのね。(つД`)
 いいタイミングで電車あるかなぁと思いつつも、しかしそこは流石の山手線。およそ2分間隔でホームへ電車が駆け込んでくるので、私の心配は見事に杞憂で終わった。原宿から東京方面への電車で帰るなか、帰宅ラッシュに巻き込まれつつもどうにかこうにか席に座る私。先売りされてた月刊ガンガンを読みながら、秋葉原で総武線へ乗り換え(そろそろ地方の人しかわからなくなってくるかも)。
 余談だけど、今月号のガンガン。先月に引き続き表紙が「これが私のご主人様」なるオタ向け漫画だったりして、なんか少年誌のくせに表紙がピンク。オタな私ではあるが、あれは嫌いだ。萌え一直線は好きになれない。ので、先月同様、購入したその場で表紙を切り裂いた。
 閑話休題。総武線に乗り換えてからも相変わらずの満員っぷりだったが(オッサン押すな! 潰れるから押すな!)、数駅ほど行った所で大分空いてくる。といっても座れるスペースはなかったのだけど、けれど本を読んでも邪魔にならない程度には空いてきたので、私は再びガンガンを読み始めた。
 それからしばらく読みふけっていたので気付いていなかったのだが、どうやら私の背後辺りに誰かが来たらしい。さっきから相手の腕あたりに、私の肘が当たっている。最初は気にしていなかったが何度も続いたので、あー私揺れすぎてたかなと謝ろうと思って振り向く。
 そこに立っていたのは女性だった。ちょっと好みだった。
 で、すぐにスンマセンと言おうと思ったのだが、そこで一つの事実に気付いてしまう。


 私の肘が、











 相手のおっぱいに当たっているということに。





    _, ,_  
  ( ゜д゜)!?
 ←素でこんな顔してしまった。






 声をかけるにかけられず、やっべーと内心焦りながらあわてて前に向き直る。
 おいおいやべぇよ、以前通学中に女性のケツで太ももを押されたことがあった。が、あれは満員電車という不可抗力の上、相手からやってきたという受動だったからまだ呑気に喜んでいられたさ。
 けれど今回はどうか。ぶつかっていたのは私が揺れていたからであると思われるので、ぶっちゃけ私からやっちゃってるようなもん。一歩間違えれば痴漢にされかねない……痴漢男のような展開が待ってるならまだしも、そんなのは絶対にイヤだ。(;´Д`)

 そんなことを考えてしどろもどろしていると、なんだかまた肘にプニプニと柔らかい感触が。……あれ、でも今、電車も私もほとんど揺れてないぞ?

 恐る恐る横目で彼女を見やる。真正面を向いてて、別に何も気にしてない様子。でもなんだかその体が揺れて、というかわざと揺らしてるようにしか見えなくて、その度に本を持つ私の肘に男共の夢の塊がぶつかってるんですが。





 なんだこれ。(´Д`;)






 それからおよそ十数分、私の肘に胸を当ててくる女性の謎の行動に戸惑いつつもその感触を堪能する。彼女は船橋駅で降りて行ってしまったが、残された私には、相手がいなくなったのでようやくはっきりと、至福のときを噛み締める余裕が出来ていた。ありがとうマイビーナス。

 家で残った感触を未だに堪能しながらふと考えた。あれって誘われてたのだろうかなぁ、と。そんなわけないけど。










 ん?
 あぁMoEのイベント?
 正直微妙だった。 書いて思い出したけど、これは明日の日記のネタにしておこう、うん。
[PR]
by zonru | 2005-06-20 22:48

    
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
MoEサイトLinkとか
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧